MENU

結婚を機に、車を1台にまとめました

 

結婚式

 

独身時代、私(※ハリアー)と妻(※アクア)はそれぞれ車を持っておりました。

 

ですが、結婚を機に、都心に暮らすようになり、家賃や利用頻度の関係から”ハリアー”1台にまとめることになりました。

 

「どうせ売るなら、アクアを高く売りたいわ」

 

という妻の希望で、高く売るにはどうすればいいのか?
友人のアドバイスやネットの情報などいろいろ調べた結果、一括査定サイトがベストと判断しました。

 

一括サイトがなぜいいのか?

 

車を高く売るための、鉄則は”競争原理を発生されること”です。

 

とはいえ、夫婦ともに仕事で多忙ですし、探している時間がありません。

 

一括査定サイトは1回の入力で複数の買取店にまとめて見積依頼をしてくれるため、非常に合理的です。

 

また、実際に出張査定に来て下さり、万が一断ったとしても、出張費用を請求されることはありません。

 

※アクアは実際に売却しました。

 

ちなみに一括査定サイトは複数ありますが、JADRI加盟店限定の、かんたん車査定ガイドがおすすめです

 

※JADRIは二重査定を禁止しています。二重査定とは引き渡し後にもう一度、査定をして、減額をする行為のことです。

 

無料なので、どんなものかな?と気楽に見積依頼してみるのもいいかもしれません。
参考になれば、幸いです。

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

TOPへ

 

 

車の買取のよくあるQ&A

 

自動車の買取について

 

 

車買取と下取りの違いとは?

 

車買取も下取りも、いずれも車を売るということには変わりがありません。

 

違いは、買取をする業者の違いです。車買取は、中古車買取店に売ることになります。

 

下取りは、新車を販売しているディーラーがおこないます。車買取は、下取りよりも買取価格が高いので、新車乗り換えのための費用を少しでも軽くしたいならおすすめです。

 

特に、自社で販売ルートを持っているところならば、中間マージンが少なくて済む分、買取価格はその分高くなる傾向にあります。

 

いっぽう、デメリットとしては、自分で業者に持ち込まなければならないことや、乗り換えがスムーズにできないといったことがあります。

 

下取りの場合は、確かに買取価格は買取に比べると安い傾向にあります。

 

しかし、新車が納入される際に引き取りをしてもらう形になるため、乗り換えがスムーズです。また、自分で業者に持ち込む必要はなく、すべてディーラーがやってくれますから、手間もかかりません。

 

このような違いがあり、どちらも一長一短であることがわかります。つまり、利用するべきなのはどちらなのかということについて正解はありません。

 

結局は自分が良いと思った方を選べば良いわけです。特徴を比べて自分に適した方を選んで下さい。

 

 

 

車検前?車検後?車査定に出すならどちら?

 

愛車の車検が近づいてきたとき新しい車に乗り換えるために売却を検討することが多いですが車査定に出すならば車検前と車検後のどちらに出したほうがお得かというと車検前に出したほうが断然お得です。

 

車検時には自賠責保険料や重量税、印紙代や検査費用などの諸経費がかかりますがその費用は軽自動車でおよそ6万円、普通自動車になるとおよそ10万円もの費用がかかってしまうためかなりの出費となってしまいます。

 

さらに車の排気量が大きくなればなるほど車検費用はますます膨らんでいくことになります。

 

しかしたとえ車検に出したとしても車査定額には車検費用のおよそ半分ほどしか反映されないため車検にかかってしまった費用分のアップをすべて査定額に上乗せすることは困難なのです。

 

そのような理由から車査定に出すのであれば車検前に出すほうが断然お得というわけです。

 

なお車検切れまで1年以上期限が残っているのであればプラスポイントとなるため車査定額にも反映されてアップされることが多いですが、
1年未満の場合ではそれほど査定額には反映されないためもしもこれから愛車の売却を検討されているのであれば車検切れの数か月前には車査定に出すのが良いタイミングといえます。

 

 

オークション代行で車を売るメリット・デメリット

 

カーオークションに参加したい場合には、オークション会場の会員になる必要性があり、業者などの場合には、会員になれますが、個人の場合には、代行業者を利用して車を売るというのが一般的といえるでしょう。

 

オークション代行を利用することのメリットとしては、車が高く売れるという点です。また、代行業者が利益幅を少なくしているという点から、車を売り依頼者が受け取る金額が多くなる点はメリットといえるでしょう。

 

オークション代行のデメリットとして、必ずしも出品したからといって落札されるとは限らないということです。

 

これは、カーオークションに限らずオークション全体としていえることですが、
出品した物によっては物に対しての価値、物の状態、出品時の価格などによっては落札されやすい物、されにくい物があります。

 

そのため、オークション代行で出品したからといって落札されずに終わるという可能性もゼロではありません。
また、業者が信用できる業者かどうかという点もあります。オークション代行業者が悪質でありトラブルになる可能性があるのも事実です。メリットやデメリットはありますが、利用する場合にはよく考えて判断して車を売ることが大切です。

 

 

査定依頼前に洗車をしたほうが高値で売れる?

 

車の査定を依頼する前に、洗車をするべきか否かを悩んでしまうという方は多いのではないでしょうか。少しでも愛車を高値で売る為には、できる限り良好な状態で査定に出すことが大切ですが、依頼前に洗車をすることで査定が上がるかどうかに関しては、様々な意見が飛び交っています。

 

結論としては、中古車の査定基準に洗車の有無という項目は無い為、洗車がしてあるからといって査定金額がアップするということは基本的にありません。

 

よって、基本的には依頼前に特別に洗車をする必要はなく、そのままの状態で査定に出して構いませんが、あまりにも汚すぎる場合にはやはり綺麗にしてから出すことがおすすめです。

 

 

中古車の査定というものは定められた基準に基づいて行われますが、査定をするのはあくまでも人間のスタッフです。

 

その為、車の見た目の第一印象が査定額に影響を及ぼす可能性も十分に考えられます。また、ボディや車内に目立つ汚れの無い綺麗な車は、大切に扱われていたという好印象を査定スタッフに与えることができます。

 

但し、査定依頼前に洗車をする場合でも、過剰に行う必要はありません。特に、傷の補修などを自分で行ってしまうと、逆に査定でマイナスになってしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

 

ローンが残っていても車は売れるの?

 

昔は車を売却するときはローンを完済する必要がありましたが、最近はローンが残っていても売れることが多いです。

 

理想はローンを全額返済して車を自己所有にしてしまうことですが、売却額が上回れば売れることが多いです。または売却額が少なくとも残額を現金で返済すれば売れるので、ローンが残っていても売れないわけではありません。

 

それ以外だとローンの組み直しという方法もあるので、諦めずに買取業者に相談してみましょう。

 

すべての買取業者が対応しているわけではありませんが、大手は残債サービスを用意しているところが多いです。

 

残債を残さずに売却するコツとしては、高額で買取してくれる業者に売却する方法があります。

 

業者によって買取額は大きく異なるもので、20万円以上は変わってくると考えてよいでしょう。高く買取してくれる会社に売れば、残債を相殺できる可能性が高いです。

 

例えば債務が40万円残っている状況だと、40万円以上で売却できれば残債はなくなります。

 

買取相場が30万円の車であっても、実際の買取幅を見てみると20〜45万円という感じで大きな幅があります。

 

このようなケースだと45万円で売却すれば、40万円のローンをすべて完済できるでしょう。

 

 

車の乗り換え時、車を売却して、新車にするならタイミングはいつがベスト?

 

車の乗り換えをするベストなタイミングはいくつかあります。まず新車登録から5年未満であり、
走行距離が3万キロまでの車を所持している場合です。

 

この条件の車は中古車市場で価値が高いため、売却時に高値がつきやすくなります。多少年式や走行距離がオーバーしていても売却価格に差が出ることはほとんどありませんが、
基本的に年数が経ったり走行距離が多くなるほど売却時の価格も下がるため、新車にするタイミングとしては現在乗っている車の状態が良い内に売却を考えることがおすすめです。

 

 

逆に年式が古い車に乗っている場合は初年度登録から13年を経過する前に売却することがベストです。実は初年度登録から13年が経過した車は翌年の自動車税が増税になります。

 

排気量が多い車であればあるほど自動車税の負担も大きいため、新車にするタイミングとしては良い目安です。

 

また車検前も車の乗り換えとしてベストなタイミングです。車の状態によっては車検に数十万円ほどの出費が必要となることがあり、
年式が古かったり走行距離が多い車であれば部品代などの負担が重くのしかかることもあります。

 

もちろん車検を通してそのまま乗り続けることが一番お得ですが、新車への買い替えを検討している場合は車検のタイミングを狙ってみることもおすすめです。